今年のジャム予報?

  • 2019.05.24 Friday
  • 20:19

 

年明けの柑橘系マーマレードに引き続いて、これからはベリー系のジャムのシーズンです。

 

工房の庭も草木がワサワサ生い茂って、実のなる植物たちもそれぞれ頑張っています。

特に世話はしていませんけどね。

 

植物たちの勢いには毎年それぞれ違いがあります。

いっぱい世話をしてあげたからと言ってたくさん実をつけてくれる訳ではないのが残念な所。

今年はラズベリー、ブラックベリーがイマイチ元気がない。

収穫量もあまり期待できないかも…

それに代わって、ブルーベリー、ルバーブは超元気!

他の植物たちを押しのけて葉っぱを伸ばしています。

ちょっと妨害気味?

ルバーブなんかあまりに葉っぱが大きいから育ち過ぎると母にバッサリ切られてしまったりしてます。

あ〜、切られる前に収穫してジャムにしてあげないと〜!

 

そんな工房の庭の様子。

ブラックベリーの花(この房くらいしか花が咲いていないよ!)

ブルーベリー(葉っぱよりも実の方が多いみたい)

ラズベリー(例年ならもう収穫時期なのに成長も遅いし実も少ないよ)

ルバーブ(葉っぱが大きすぎてなんだか分からないね)

ルバーブ(葉っぱをかき分けるとジャムに使う茎の部分が見えた)

ルバーブ(大きな葉っぱは顔が隠れるどころじゃなく体が隠れるわ)

 

 

ココユタのジャムは、そんなにこだわっているという訳ではないのですが、

材料を買ってたくさん作ろう!という様なジャムではありません。

なので、その年に収穫できた果実のみを使って作り、1年で食べる切る(売り切る?)

というのが基本です。

だからジャム専門店のように人気のあるジャムがあれこれ並んでいる、という訳にはいきません。

でも無理をしないで、欲張らず、自然の恵みを頂く。

そんな風にありたいなといつも思うのです。

 

昔は、畑で苺も作っていたので、いちごジャムも作っていたなぁ。

あんずの木も少しだけど実がなっていた時にはジャムを作っていたなぁ。

いつかまた作れる日が来るといいな。

と心の中では思っているんですけどね。

 

という事で、今年はラズベリージャムとブラックベリージャムは作れないかもしれません。

楽しみにして下さっていた方はごめんなさい。

また来年、元気に実がなってくれることを期待していてくださいね。

 

 

 

ココユタ園芸部

  • 2019.03.09 Saturday
  • 21:24

 

私には好きな事がたくさんある。

 

手芸だったり、

染物だったり、

料理だったり、

工作だったり、

木工だったり、

 

お菓子作りはその中の一つ。

だけど仕事だからただ好きで楽しくだけじゃダメだよね。

 

好きな事、やりたい事は本当に山ほどある。

でも時間がなかったり、材料や道具を揃えるのが面倒だったり、一人ではなかなか手につかないのが現状。

なんて言い訳なんですけどね。

仕事じゃないからつい言い訳してやりたいのにやらないまま過ごしてしまって、

なんだかもったいない事をしているなぁ〜と日々感じてます。

 

よし、やるぞ!

と思いきるには結構なパワーが必要。

1人だとそのパワーってなかなか出てこないんだよね。

でも2人以上集まれば、

ちょっとしたきっかけで「なんかやろうか〜って軽い気持ちで始められちゃう」

本当人が集まった時のパワーって不思議。

 

園芸も私の好きなやりたい事のひとつ。

せっかく一軒家で庭があって自分の好きな草花を育てられるのに、言い訳ばかりであまり手をかけてあげていなかった。

 

去年入ったスタッフのMさんは、お花のアレンジがとっても上手。

工房の玄関に飾ってあるリースも素敵にアレンジしてくれています。

草花の話ができるスタッフが入ってきたのは初めてで、これはシメシメ、

今年の母の日のお花アレンジを一緒に作ってもらいました

 

やっぱり誰かと一緒に作業をるのはとても楽しいし、アイデアもたくさん出て良いものができるね。

うちはお花屋さんではないから、そんなに見栄えのする大したアレンジは作れない。

でも工房の庭にあるハーブなどを使ってココユタらしいナチュラルな感じを目指して作りました。

まだアレンジの途中ですが、今年の母の日のギフトセットは何やら素敵になりそうですよ。

 

工房の庭も、工房の中に飾る草花も、

これからはもっとあれこれ手をかけて素敵にしていきたい。

でもやっぱり一人ではすぐにまた言い訳してサボってしまいそう。

だからスタッフも一緒に、ココユタ園芸部発足です!

 

 

レモングラスはリースのベースに

ユーカリはアレンジにとても重宝します

レモングラスをたくさん摘んでアレンジの準備

他にも、ローズマリー、ラベンダー、アイビー、は庭から。ミモザとかすみ草は購入しました。

小振りなリースに合わせてアレンジも小さくね

アレンジの組み合わせはあれこれ、みんな違ってみんないい!

 

 

 

食い気もいいけど癒しもね。

  • 2018.05.11 Friday
  • 22:14

 

今週は寒い日が何日かあったけど、

初夏の爽やかでちょっと汗ばむ陽気のこの季節が大好きです。

 

この季節は庭のグリーンも元気にモリモリ、

ちょっと油断するとワサワサ茂って藪のようになってしまいます。

 

工房の庭は私と母の2人であれこれ植えています。

母は庭が華やかになる様に季節ごとに咲く花をせっせと植えてくれています。

で、私はというと、食べられる植物がほとんどで見た目の華やかさはどこ吹く風。

2人で好きなものを植えているので全体の統一感が今一つなのが目下の悩み事。

 

私の家族は食べる事が大好き!

そして食べられる植物を自分たちで育てる事が大好き!

だって収穫の喜びを味わえるし、自分で育てた物なら安心して食べられるからね。

だから庭にスペースあらばあれやこれやと食べられる植物を植えるのです。

工房の庭に今では、

ラズベリー、

ブラックベリー、

ブルーベリー、

イチゴ、

パッションフルーツ、

ミント各種、

ローズマリー、

レモングラス、

カモミール、

パクチー、

ミョウガ、

今年の夏用にナスとキュウリ、

まだ実が付いたことはないですがアボカドといちじく、

そんなに広くはない庭なのですが、

気が付いたらこんなにも食べられる植物たちがいました。

 

私はとにかく食べるのが大好きで、

基本的には「花より団子」「色気より食い気」

な人間です。

だけどここ最近は癒し系の植物にもハマってきました。

アロマオイルにある香りのユーカリやティーツリー、

普通に自分でも育てられるんですね。

しかも香りはアロマオイルよりもナチュラルでいい感じ。

うちはお菓子を焼いているのであまり強い香料は使えないけど、

自分でドライにしたハーブはほんのり香って程よい癒しになるかな。

 

最近ギフトのラッピングの飾りやメッセージカードに香りのハーブを使っています。

自然の物だし、1個ずつ丁寧に手作業でドライ加工や押し葉にしているので、

同じ形のものは1個もない。

茎が曲がっていたり、葉っぱの大きさが違っていたり、色味が色々あったり、本当にそれぞれの味が出ます。

「みんな違って、みんないい」

って所でしょうか?

 

今回は母の日ギフトのメッセージカードにドライのラベンダーを使いました。

自然なラベンダーを楽しんでもらえる様に花の部分は押さずに葉っぱの部分だけ押してカードに張り付けました。

葉の部分だけ押している様子はちょっと不思議な光景。

ギフトをもらったお母さんたち、ラベンダーの香りで癒されてくれるとよいな。

 

 

 

通常の商品では、小さな2個入りボックスのラッピングにも香るハーブの押し葉を使っています。

『2個入りボックスギフト』

結構人気のギフトで、一度に10個20個と注文が入る事も…

その度に大慌てで庭のハーブを摘み取って押し葉を作ってます。

 

 

 

まあ、食べられる植物も身近な環境にあれば十分癒しなんですけど、

香りというのが加わると使い方が色々できることに楽しみを覚えています。

これからもこの癒しの香りのグリーンたちをギフトなどに生かせるように色々やってみようと思います。

 

団子や食い気だけでなくなった私。

ちょっと大人になったのかな?

って今更何を言っているんだ!

という年齢ですね。

 

 

↓写真(工房のハーブたち)

 

レモングラス                          カモミール

ミント色々                            ティーツリー

 

 

イングリッシュラベンダー

 

 

 

癒しスペースできました!

  • 2017.07.23 Sunday
  • 20:25

 

【癒しスペースできました】

 

サンルームを作った事を機に工房の庭をあれこれテコ入れし始めました。

 

今までは草ボーボーで、

「お客様が来たら恥かしぃ〜!!!」

という有り様の庭でした。

 

でもやっぱりどうせ来ていただくならお菓子だけではなく、お庭も楽しんでいただきたい!

という長年の想いで庭大改造も頑張っています。

というかどれだけ放置していたんだ!

頑張っています!という程進んでいないじゃないか!

という自分突っ込みをしながらの毎日です。

 

でもいざやり始めてみて、

今までは雑然としていた庭がちょっとおしゃれ風になってきて

これが楽しいのだ。

 

今回はサンルームの横のちょっとしたスペースにウッドデッキを作りました。

今までは建物の前にド〜ンとデッキを作ってあったので、その脇はまあいいかってな感じで放置でした。

デッキを半分解体してしまったので、外にもう少しくつろぎスペースが欲しい!という事で

廃材を利用してミニデッキを作りました。

 

 

エアコンの室外機の前だしこんな所でくつろげるかなぁ?

と我ながら半信半疑で作ったのですが、

今時のエアコンは優秀ですね。

風は吹き出してくるけど熱風じゃないし、音も意外と静かだった。

むしろ風が常に吹いているから蚊があまりいなくて快適だった。

 

 

ブラックベリーを収穫するのもデッキが敷いてあれば快適快適。

予想以上の出来に大満足でした。

 

まだ外でくつろぐには暑すぎるけど、秋になってこのデッキでお茶をするのが楽しみだなぁ〜。

 

 

忙しくなる秋のお菓子シーズンの前にどこまで出来るか!

この後も庭の改造色々やりますよ!

 

 

気分次第のリース作り

  • 2016.10.28 Friday
  • 01:59

 

【気分次第のリース作り】

 

先週のお休みに工房の庭掃除をしたついでの勢いで衝動的にリースを作っちゃいました!

 

毎年秋になると工房の外壁に飾るリースを作るのですが、

お客様がたくさんいらっしゃる様な店ではないので見栄えの程はさほど気にせず作りたいから作るといった感じ。

出来上がりの程度も毎年かなり差があって、気合いを入れて作る年とそうでもない年では雲泥の差が…

それでもいつも心がけているのが、あるものを使って工夫して自然な感じに作る事。

わざわざ材料を買ってきて豪勢なものを作るというのが性に合わないんですよね。

 

材料は庭や畑、近所の林、郊外の山間部などに出かけた時に使えそうなものを少しずつ集めておきます。

集める材料は飾りとしてアクセントになるような色のついた実や形の変わった実は葉っぱ。

この集めるという作業を早いうちから豆にしなかった年は残念なリースになったりしています。(汗)

 

今年のリースの土台は、工房の隣の実家の壁に絡みつくように生えてるアケビの蔓。

かなり強烈に絡みついているのを全部刈り取ったら結構な量になりました。

これを輪っかに巻き巻き。

アケビの蔓は丈夫なのでちょっと折れ曲がっても切れることなくいい感じに土台が出来上がりました。

まだ生なので葉っぱも残ってて、このままでもリースとしていい感じかも。

 

なぁ〜んて、枯れたら葉っぱなしの残念リースになってしまうので、ちゃんと飾りを付けますよ。

 

今年は赤い実が2種類。

「カラスウリ」と「琉球スズメウリ」

カラスとスズメの共演ですね。

両方とも蔓状なのでざっくり配置してアケビの蔓で巻き込みます。

 

そして郊外の山の直売所で購入した「ひえとあわ」

実りって感じがして秋のリースにピッタリ!

こちらは巻きつけるのは難しかったのでリース上部にたらすように括り付けました。

 

いずれの飾りも紐や針金などは一切使わず蔓で巻き込んだだけなんです。

けっこうしっかりしてるでしょ。

 

 

 

自然素材のリースなので、日に晒されて時間が経ったら枯れて汚くなってしまいます。

いつか枯れてしまうので、今このきれいさを楽しむのも味わい深いですよね。

枯れてしまっても大丈夫。飾りをはずしてベースだけにして千両やら南天やら挿せばお正月用のお飾り早変わり。

2度楽しめちゃいますね。

 

 

 

 

 

 

 

看板は店の顔?

  • 2016.09.28 Wednesday
  • 02:05

【看板は店の顔?】

 

染物以外にも手を付けられなかった夏休みの宿題があります。

 

それは、看板を新しくする事。

 

工房で販売をしなくなってからお客様がめったに来ないのをいい事に、外装はほったらかしでした。

今まで外のフェンスにかけていたプラスチックボードの一文字看板は、いつの間にか劣化してボロボロに…

かれこれ5年くらい頑張ってくれたのかしら?

前に変えたのがいつの事だったか思い出せません。

 

この夏こそは新しい看板に掛け替えようと夏休みの宿題の筆頭にあげていたはずなのに、

どんな素材でどんなデザインで作ろうか?頭の中であれこれ考えているうちに気が付けば夏は終わっていました。

 

結局、家にあった材料を使ってなるべく簡単に作る事になりました。

 

ずいぶん前に買った木の板。

 

これを使ってなんとか看板を作ろう!

 

文字は…ペンキで書く?

 

いや、それではあまり面白くないね。

 

じゃあ電気ごてで焦がして文字を書こう!

 

早速下書きをして電気ごてで焼きつけながら文字をなぞっていきました。

 

これがなかなか難しい!

 

 

平らに見える木の表面も実は年輪で凸凹になっているのですね。

線の通りに動かしたいのに思わぬところで何度もはみ出してしまいました。

まあそれも味って事で大目に見てやってください。

 

 

木の看板だと雨ですぐに劣化してしまうので、透明のニスをたっぷり塗りました。

これに吊り金具をつけて完成!

 

新しい看板の完成を待って古い看板は撤去しました。

 

 

かなりこじんまりしたシンプルすぎる看板になりましたが、

お客さんがあまり来ない今の工房にはこのくらいがちょうどいいかな?

 

 

今はこの看板がお店の顔。

 

まずは今週末の工房販売に来てくれるお客様に見ていただくのが楽しみです。

 

 

ハーブシロップを作る!

  • 2016.07.10 Sunday
  • 17:01

【ハーブシロップを作る!】

 

植物が大いに育つこの季節、工房の庭の植物たちもジャングルのごとく野生化しています。(言い過ぎ?)

 

例年だと5月頃に摘み取るハーブをそのまま放置してしまったせいかミントが巨大化してしましました。

 

(なんと!1mはゆうに超えるほど育ってます!)

 

あまりの野生化ぶりでお隣さんにもご迷惑になってしまうので、根元からバシバシ切り取りました。

こんなに思い切り刈り取っても来年にはしっかり芽を出してくれるんだからハーブは強いなぁ〜。

(フェンスからはみ出しまくってます!)

(ミントで花束(ミント束?)が出来るほどたくさん刈っちゃいました)

 

こんなにたっくさんのミント、どうしよう?

ミントってデザートに飾るにはかわいいけど、それ以外には使い道困りますよね?

今回のミントは大きく硬く育ってしまったし大量なので、他のハーブと一緒にハーブシロップをつくる事にしました。

 

 

一番野生化していたアップルミントと一番の古株のスペアミント、レモングラス、ローズマリー、

ミックスしてシロップにするとなんとなくマイルドな風味になるから不思議。

 

 

今回は、よりマイルドな味わいになるようにお砂糖はきび砂糖を仕様しました。

その他味のアクセントに粒こしょうとレモン。

 

作り方はとっても簡単。

1.ハーブはきれいに洗って適当な大きさに刻んでおく。

2.砂糖1に対して水2を鍋に入れて火にかけ砂糖を煮溶かします。

3.2のシロップ液に刻んだハーブたっぷりと粒こしょう、レモンの皮を入れてグツグツに出します。

4.2〜30分(適当)煮込んだら味を見ながらレモン汁を加えて味を調える。

5.冷蔵庫で1週間ほど寝かせてからハーブを濾してきれいな保存容器に入れる。

 

 

(シロップに対してこんなに入るのか?という程ハーブを入れちゃいます)

(本当に水分があるのか?というくらい)

(グツグツ煮込むとハーブはくったりしてきます)

 

白いお砂糖で作るとシロップ液は薄い緑色になるのですが、今回はきび砂糖で作ったのできれいな琥珀色です。

小瓶に詰めたのをミントの花と一緒に写真に撮りました。

琥珀色のシロップからハーブの味は想像できないと思うので、瓶にはラベルを貼っておかないとですね。

 

 

このハーブシロップはなかなかの優れもので、

夏ならば炭酸で割ってハーブソーダーに。

紅茶の甘みづけに入れてもOK。

カクテルを作る際のシロップとして使ったら一味違ったオリジナルカクテルが作れちゃいます。

 

簡単に作れるので、お庭にハーブがある方は是非お試しください。

 

 

 

 

庭の手入れ

  • 2014.09.17 Wednesday
  • 16:21
先日の連休はお天気も良かったので久しぶりにお庭のお手入れをしました。

お店を始めた頃に並べた敷石の煉瓦は月日が経って埋まりかかっていました。
なので掘り起こしてきれいに並べ直しました。




こんなちょっとした事でもきれいになると気分がいいものですね。

普段からもっとお掃除、整理整頓に励まないといけないなぁ〜
と思う今日この頃です。

ハーブシロップ

  • 2014.05.13 Tuesday
  • 22:14
お友達にハーブシロップの作り方を教えてもらったので、お庭のハーブあれこれと自家栽培レモンでハーブシロップを作ってみました。

炭酸で割って飲むと爽やかでこれからの季節にぴったりですね〜。








ブラックベリー収穫

  • 2013.07.20 Saturday
  • 00:26


最近少しずつですがブラックベリーの収穫をしています。

黒く熟したら収穫時です。

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM