イチゴは本当は黒い?

  • 2020.01.31 Friday
  • 18:49

 

明日から2月です。

早いですね〜。

今はまだ寒い寒いと言っていても、すぐに春がやってくるのでしょうね。

 

春の果物と言えば、やっぱり苺でしょう!

(まあクリスマスごろからお店には並んでいますが、やはり旬は春ですよね〜)

今回はイチゴの話。

 

毎年3月に出していた季節限定の『いちごビスコッティ』

今年からなんと2月に販売を開始します。

 

みんな大好き苺。

甘くて酸っぱくて、あの真っ赤な姿がなんともそそられる苺ですが、

ビスコッティに使う苺は乾燥してあるものをつかうので、生で食べるような苺っぽさを出すのは

と〜っても難しいのです。

 

去年まで使っていたドライストロベリーは、イチゴ感を出すために、

酸味料や香料、着色料を使ってあるのもでした。

もちろんそれらのすべてを否定する訳ではないのですが、

後付けした味や香り、色には私自身ちょっと抵抗がありました。

だから、皆さんが好きなイチゴ味をもっと自然な風味で出せないかな〜と、

以前から色々考えていました。

 

今回から、いちごビスコッティの具材は、

アメリカ産オーガニックのドライストロベリーと

同じくアメリカ産のドライクランベリーを

ミックスして使っています。

 

ここ1年、添加物を使っていないドライストロベリーをずっと探してきましたが、

アメリカ産のオーガニックのものにたどり着きました。

オーガニックなだけあって、見た目は真っ黒!とても良いとはいえません。

価格も目が飛び出るほどなのですが、自分の求める味のためにここは譲れない!

と、かなり頑張りました。

 

いちごって、自然な色だと黒くなるんですね〜。

確かに自分で作った無添加のいちごジャムが、数か月経ったら黒っぽくなってたりしますよね。

色が変わってイマイチ美味しそうに見えなかったりするけど、

実はとっても自然な事だったんですね。

 

今回の『いちごビスコッティ』も

去年のものよりは色味が黒くて、見た目の美味しそうな感じは落ちているのかもしれませんが、

味は、より自然で体に優しくなっていること間違いなしです!

 

是非、こだわり黒イチゴの『いちごビスコッティ』を食べていただきたいです。

 

 

黒い部分がイチゴ、赤い部分がクランベリーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.02.21 Friday
  • 18:49
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM